哲也 雀聖と呼ばれた男の話が飛び出す女性

にしても、哲也 雀聖と呼ばれた男は本当名作よねぇ。「え?」ほら、阿佐田氏の作品。映画化された小説、最早伝説レベル。

「へー...」でさ、ドサ健が「ちょい待ち!」何よ。話の腰折るとか、無粋すぎ。「ってゆーけど、哲也 雀聖と呼ばれた男とか、何故ご存知?」そりゃ昔読んだから。

「女子高生が読む漫画たぁ思えねーが、かなり古いぜ?」まー私も、哲也 雀聖と呼ばれた男に出会った発端は、親父にお勧めされた事。

「マジか?娘になんつー物を、読ませやがる父親だ」もー、んな事どうでもいいじゃん!肝心の中身について語るべき!

「そう言われても俺自身、いずれと考え、未だ哲也 雀聖と呼ばれた男へ手を出した事ありません」マジ?五十路近く、自称ギャンブラーの貴様様が見た事無い...。

「くっ、今度見せとくれや。自分自身、ちょっち気にしてる」だけど...。「渋るなぁ。レンタル料を払え?多少は出せるぜ」違う!これ買うべきだかもよ。

「本屋で購入せーっつーわけ?」知人から借りる際。「お買い上げの意味?」勿論、暇持て余しとるわけで。